パニック障害 チェック

パニック障害のチェックのする方法

パニック障害自体は基本的に、心身両面においての何らかの様々なカタチでの症状を伴う精神疾患といった、その他の精神疾患とかとは異なる独特の精神障害の一種といえるものです。

 

 

 

このため、投薬での治癒とかが大変困難な疾患といえますので、日頃からの何らかのカタチによるチェックなどがどうしても必要になってきたりします。幸いな事に近年、一般家庭内において著しくインターネット環境の整備が行われたりしているせいもあり、それを利用して、現在様々なページやサイトなどへ掲載をされたりしているパニック障害のチェックシートやチェックサービスとかを利用して、自身のパニック障害についての度合いや可能性などを確かめたりする事とかも可能になっています。

 

 

 

しかも無料で利用が出来ますので、これらのサービスを利用したりしない手はありません。yahoo!ヘルスケアなどをはじめとするサイトなどには、簡単にパニック障害のチェックを行うようなコーナーとかも設置がなされたいたりしているような場合とかもあったりしますので、これらもぜひとも一度は利用をしてみたりする価値はあるものと考えます。

 

 

 

また、もう少し詳しく自分自身のパニック障害の度合いについて確かめてみたいなどといった方とかの場合には、パニック障害チェックシートなどと呼ばれているサービスなどもあり、これなどを利用して具体的な障害自体に関しての詳細なチェックなどを行うような方法とかもあったりしますので、これなども大いに活用をしたりしていく価値は大いにあるものと考えます。

 

 

 

さらには、そのような詳しい内容のチェックシートなどにおいては、その結果をもとに、治療や抑制などへ用いる治療薬の対応についての詳細やふさわしい薬の種類などについての解説や紹介とかもなされたりするようなものとかもあるようですので、そうした面を考慮をしてみてもやはり、大いに活用をしていくべき価値はあるものといえます。その他、今後も新しいチェックシステムとかが考え出されていく可能性は大いに有り得ます。

元々、このパニック障害自体は心身両面において何らかのカタチの症状を伴う精神疾患ですので、感情のコントロールを神経系において行うために必要な成分であるセロトニンが不足して起きるような点を考えてみると、心身両面においての治療薬剤療法やマッサージ整体法、自己運動指導療法などによる治療は、それぞれのパニック障害においての症状のあり方や度合いなどによっては、どうしても必要になってくる面が少なくはありません。

 

 

 

 

しかしながら、そのパニック障害の治療時に、その本人である女性の方が妊娠をしたりしてしまった場合とかには、そのケースによっては、今話した3つの治療法の実行や継続などが、その妊娠中においてのお腹の中にいるお子さんの健康面への影響を考えたうえで、困難あるいは中止になったりするような事も考えられます。

 

 

 

 

それでも正しい対応方法などを身に付けたりしておけば、何らかのカタチや条件などのもとで継続出来たりするような事とかも可能ですので、まずはこの事についてようく学習をしたりしておくことがとても大切です。

 

 

 

 

とくに、現時点においてパニック障害に罹ったりしている女性の方の場合には、やはり妊娠時においての出産そのものが難しいようです。

 

 

 

 

日常的に薬などを服用をしていたりしている方の場合には、出産時においてのストレスにより、分挽の際にパニック障害での症状が起きたりして危険性が大きい事態が大いに考えられますので、出産自体を専門医から控えるよう言われたりするような場合も考えられることからも、その難しさがわかるような感じもします。

 

 

 

 

こうした今話したあり方からも、ここでの薬剤治療対象者である女性本人による妊娠の場合においての最善策のカタチとしては、妊娠中に服用をしている現時点で使用中の治療薬剤の量や種類などを調節して減らしていく工夫がとても大切です。

 

 

 

 

そして、この薬剤類を急に減らしたりするのではなく、一定期間毎においての何らかのカタチでの無理のない目標をしっかりと立てながら、それに基付いて減らしていくカタチで、お腹の中のお子さんへの健康面などに配慮をしていくなどのやり方がベストで理想的といえます。

続きを読む≫ 2016/08/23 21:25:23

一般的に、パ二ック障害による特有の症状というものとしては、突然の動悸や頭痛、めまいその他の外見上での判断が出来る症状を伴いつつ、心理的に過剰な何らかの内的あるいは外的な要因により、死への恐怖を感じる症状を伴い、これらの心身両面においての症状に罹る点が挙げられます。

 

 

 

このため、選択的セトロニン再取り込み阻害薬の部類であるSSRIなどの抗うつ剤やベンゾジアゼピン系不安薬の部類にあたるデパスなどの抗不安薬、
スルピリドをはじめとする抗精神薬などのような「薬剤治療法」、内蔵整体法や神経系部位整体法その他、幾つかのマッサージなどの技術を駆使して薬なしで治療を行う「整体法治療」、日常生活の中などで自らの不安感を治す訓練を行い、それにより徐々に効果を見出しながら専門家の方による正しい指導法の従いながら治していくという「実技指導治療法」など、これらのものが主な治療法として挙げられます。

 

 

 

これらの大抵の場合にあらゆる場で多く行われているような各治療法の場合には、ある一定期間正しい方法で行いさえすればある程度の効果があるといえます。

 

 

 

しかし、ここではこれらの治療法自体には各々必ず何らかの限界があり、症状のカタチによっては治るものと治らないものとがありますので、それぞれの症状に対応をしたこれらのうちの各種治療法から、対応が可能な方法を選んでいくというようなカタチがベストであるかもしれません。

 

 

 

また、これらの各種治療法の中でもとくに、薬剤治療法においては、過剰な量である抗不安剤などを使用したりすると副作用が出て、その他の抗うつ剤や抗精神薬などのような薬剤を受付け無くなり、中毒症状による依存症などに罹り、次第に薬自体が効かなくなっていくといった様な恐ろしさなどもありますので、使用法や服用量等にはくれぐれも気をつける必要性があります。

 

 

 

 

このパ二ック障害で一番深刻なのが、今話した抗不安剤の過剰摂取であり、徐々に用いる事によりその治療効果が表れる抗うつ剤とは異なり即効性がある点でつい過剰に用いてしまうといった点で、問題が深刻である面があります。

 

 

確実に治す方法はこちらで→パニック障害 克服|確実に治る治し方

続きを読む≫ 2016/08/23 21:22:23

パニック障害の症状は動悸や息切れ、頻脈、動悸などが突然起こって、今にも自分は死んでしまうのではないか、と思うくらい不安が襲ってきて、めまいが起きたりもしますし、すごく不安なものです。

 

 

実際に脈拍数が上がって、体がガクガクと震えたり、汗がダラダラと流れ出したりして、今にも死んでしまいそうな不安感で全身を包まれるような感じがしてしまいます。

 

 

そのような症状をパニック発作と言いますが、そのパニック発作が始まると、だいたい10分から1時間くらいでおさまります。しかし、そのパニック発作の最中は本人は本
当に死ぬのではないかという思いに包まれて多大な恐怖心を持つことになります。

 

 

 

血液検査や心電図では異常が見られず、肉体的なものが原因ではなく、精神的なものが原因とされています。

 

 

 

 

最初にパニック発作が起きた時にはびっくりして、死にそうな感じがするので、救急車を呼んで病院に運ばれたりしますが、病院に着く頃には発作がおさまっていることが多いのです。

 

 

 

 

パニック障害に悩まされている人は、人混みの中にいたりすると、また発作が出たらどうしよう、という不安から逃れられません。それでなかなか外出することが難しくなってきます。発作が起きるのが怖いのです。

 

 

 

 

また、人混みで発作が起こったらどうしよう、という不安は「予期不安」と言いますが、パニック障害の症状はパニック発作と予期不安と広場恐怖(外出恐怖)の3つが大きな症状です。

 

 

 

 

パニック障害が始まるとなかなか外出しなくなってしまうので、家にこもりがちになります。外出先で発作が起きるのが怖いという不安に包まれるからです。

 

 

 

 

 

心臓がドキドキして脈拍が急激に早くなったり、手や全身に汗をかいたり、息苦しさを感じたり、喉が詰まったような感じがして苦しかったり、胸の圧迫感や痛みがあったりして、自分をコントロールできなくなってくるような感じがするようだったら、パニック障害の症状だと思われますので治療が必要です。

続きを読む≫ 2016/08/23 21:17:23

パニック障害そのものは、実は成人や青少年などの方だけではなく幼少期のお子さんでもなるような精神疾患という面もあります。

 

 

こういった実態とかもありますので、その他の精神疾患などとはまた異なる、独特のあり方があるといえます。今回の記事では、子育ての対象であるお子さんが生まれつきのパニック障害の場合と、子育てをする側である親の側がパニック障害である場合の、それぞれの両方について見ていく事にします。

 

 

 

まずはその前に、パニック障害というもの自体が、心身両面において何らかのカタチでの症状を伴い、苦しみを感じる疾患という特性がある点を頭に入れておく必要性があります。

 

 

 

まずは同疾患があるお子さんの場合についてですが、よく見られたりするのが、子育ての最中にわずかな注意をされただけで苦しみ出したりするようなあり方が、その典型である症状といえます。

 

 

 

これは感情的に怒っているのではなく、注意をされた原因について考える能力が何らかのカタチで麻痺をしてしまい、そのため混乱をしてパ二ックになり、そうした知的な面での原因による発作という点で、障害での症例として見られています。

 

 

 

そして次に、今度は子育てを行う親御さん自身がパニック障害になる場合ですが、この場合は親御さん自身が何らかのふとした何気ない外的要因などで、発作その他をはじめとするパニック障害での症状が出たりするような例といえます。

 

 

 

 

この場合にはとくに、子育て中であるお子さんなどと一諸にいたりする時に起きたりするような例が多いという点が、大変特徴的といえます。

 

 

 

以上のように、幼いお子さんと親御さんのそれぞれの場合においての、パニック障害のあり方について見てみましたが、何れもやはり、子育て中という時期が大きなミソといえます。

 

 

 

そして、何れも何らかの外的要因によるものがその疾患そのものの原因として考えられるという点からも、育児期においてのそれらの無理のない、子育て面への影響を考えた段階的な治し方が必要であると考えられます。

続きを読む≫ 2016/08/13 15:07:13